pagetopbtn
  1.  > ブログ
  2.  > メンタルヘルスと足もみ

足もみ2019/11/22

メンタルヘルスと足もみ

こんにちは!
今回はメンタルヘルスについての認識と、どう向き合えば良いか、なぜ足もみがその対策にオススメなのかをお話ししたいと思います!

メンタルヘルスはれっきとした機能障害

まず、メンタルヘルスについてきちんと認識しましょう。
メンタルヘルス、精神障害は、れっきとした機能障害、病気です!

人の体内では、様々なホルモンが合成、分泌され、決まった場所でその役割を果たしています。
その中には、セロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンなど、喜怒哀楽を司るホルモンもあります。
それらは、生命維持活動の為に状況に応じてバランスを取りながら合成、分泌されています。
それは生物学的な本能として、狩りをする為にやる気を出したり、身を守る為に怒ったり、心身を休める状態に導いたりなどなど。

では、それらの体内量のバランスが崩れてしまうと、どうなりますか??
当然、やる気が出なかったり、攻撃的になり過ぎたり、不安状態が続いたり、不眠になったりしてしまうでしょう。
それが、ストレスや生活習慣の乱れなどの様々な原因から、ホルモンの合成、分泌の機能に異常が起こり引き起こされるのが、メンタルヘルス、精神障害です。

つまり極論、人の感情、心もホルモンの働き、バランスなんです。それが崩れてしまっていると言うこと。
それは、内臓の機能が弱まって消化不良を起こしたり、心肺の機能が弱まって息切れしたりするのと何ら変わらない、身体の機能障害です。
悩み過ぎる必要はないんです。

だから今時、『気合が足りない証拠だ!』みたいな事を言ってはいけません。未だに、『海の端っこに行くと落っこちる』と言ってる様なものです。
メンタルヘルスにお悩みの方も、周りの方も、きちんと認識して、身体と向き合いましょう!!

でもなかなか病院に行きづらい... 人に相談しにくい...

しかしいざ精神病かも...と思っても、なかなか前向きに行動に移せませんよね。
そこには色々な要因があると思います。
それは社会での認知度の低さや、恥ずかしいと思ってしまったり、考えすぎと思ってしまったり。

特に、自ら病院へ行くのはとてもハードルが高いですよね。
病院では、明確に精神病の人にしか処置はしてくれません。
病院とは『病気を治す所』なので、病気の人にしか処置はできない、薬を処方したりはできないからです。
しかしそれは当然の事で、もし間違った診断をして薬を処方してしまえば、その人の感情をあらぬ方向に仕向けてしまう危険性があります。人の感情を強制的に動かす、強い薬なんですから。
なので、お医者さんも時間をかけて慎重に診断しなければなりません。
だからちょっとやそっとじゃ診断を下してくれないし、薬を出してもらえないわけです。

そこに、治してあげたいけど...と、治して欲しいのに...のジレンマが起こるのです。
無理もない事です。

また、周りの人に相談する事もとても勇気のいる事だと思います。
相手の認知度の低さや、どうしたら良いのかわからない事から、突き放されるのが怖くなってしまうからです。

だから、1人で抱え込み、孤立してしまう事が多いのがメンタルヘルスの1番厄介なところです。
周りの方は会話する機会をなるべく増やして、早めに気付いてあげる事が重要です。
そして自分でも、対策、予防方法を持っておく事が大切です!!

メンタルヘルスも未病のうちから対策を

発症して大変になる前から、対策をしましょう!
メンタルヘルスの予防、改善にも足もみはもってこいです。
足もみの1番良い所は、『もめば良い!』事です!!
健康体だってやって良いんですから!病気になるまで待たなくて良い!
病気になったら急いでやれば良い!!笑

足もみが身体にもたらす効果は、身体の正常化です!
もともと備わっている機能が、正しい状態になるよう働きかけます。
ホルモンバランスも同じ事です!
薬で補ったり、抑制したりする訳ではないので、誤診によるリスク等もありません!
だから極論、試しにやってみて、効かなければやめれば良いんです!

足もみの最大の利点は、副作用が無い!自分で出来る!お金がかからない!です!!
実際、自分でもんで統合失調症やうつ病やパニック障害を治した方は沢山います。
ワラにもすがる気持ちで掴むには丁度いい、台湾から流れてきた流木じゃないですか 笑

みなのねでは、足もみの素晴らしさを広める為に、自分で足もみをする方法をお伝えする講座を定期的に開催しています!

11/24 足もみ講座の詳細・予約

まずはただ友達に会いに来るつもりで、1人で悩まず、出来る事から始めませんか??
みんなで健康で元気な生活を楽しみましょー!!

btn_twitterbtn_facebookbtn_line

トップに戻る

PAGE TOP